プレイベ初体験のお話 Final~初めてのプレイベを楽しむために:行動編~

ボク好きじゃないんだよね。
ツイッターで

「プレイベ全然声をかけてもらえず楽しくなかった;;」
ってつぶやく人。

もちろんツイッターは自由さ。
好きに書けばいい。

ただボクのフォローしている人にも何人かいるんだけれど
そういうことを書く人は例外なく受け身で
話しかけられるのをひたすら待つ人なんだよね。

成否を人にゆだねるだけのプレイヤーイベント
そりゃあ楽しくないだろうね。

って思って見てるよ。

前回の話はこちら

前回の話をサラッとまとめると

・行動に移すかどうかは別にしてみんな新規は歓迎してる
・常連でも初対面の人に声をかけるのは勇気がいる
・主催やスタッフも当然大歓迎だが対応できる時間が多くはない
・オラつくのはカッコ悪い

ってとこだね。

ではそれをふまえて
最後のお話【行動編】行ってみよう!

※今回の記事も交友関係を広げ
 初めてでもプレイベを楽しみたいって人向けだよ

プレイベ告知をしっかり読もう

プレイヤーイベントの告知にはたくさんのヒントが詰まってる。

最近多いのは
「プレイベ初心者の方は初心者マークをつけてね」

って書いてるプレイベだね。

これはスタッフや周りの人がキミに声をかけやすくするためのものだ。
ぜひ活用しよう。

またプレイベ告知には約束ごとも書かれている。
・武器や盾は装備しないで
・ついてくんははずして

ってのが多いね。
忘れがちだから気を付けよう!

プレイベの流れを理解しよう

交流系のプレイベには
この流れを知っていたらもう大丈夫!
って動きがあるんだ。

99%この流れで動いているといっても過言じゃない。

それが以下さ。

1.まずは交流したい人にいいね!

2.気付いてくれたら向こうからもいいね!が来る

3.こんにちはorこんばんは 等のあいさつをする

4.お写真お願いしてもいいですか?と聞く

5.撮りましょうという返事がくる

6.写真を撮る

7.撮り終えたら「ありがとう」とお礼を言う

8.最後にいいね!をして別れる

ね。簡単じゃない?
いいね・あいさつ・写真を撮る・お礼を言う・いいねして別れる
たったこれだけなんだ。

次は写真に混ぜてもらうバージョン行ってみようか

1.何人かで写真を撮っている集団を見つける

2.近くに行って「お写真ご一緒してもいいですか?」と聞く

3.いいですよーの声がある。ささっと並ぶ

4.写真を撮る

5.撮り終えたら「ありがとう」とお礼を

6.みんなにいいね!をして別れる

これだけ!
慣れてきたら

・ひとことふたこと雑談してみる
・写真を撮る時にしぐさをしてみる

なんて出来たらもう立派なもんさ。

定型文の準備も忘れずに

誰かに話しかける時
緊張で頭が真っ白になるかもしれない。

もしキミがそうなっても
定型
があれば安心だよね。

ボクが実際に使っている定型文は以下の7つ。
作っておけばスムーズに会話ができるよ。

チャットに自信があれば手入力でももちろんOKさ!

・こんばんは(こんにちは)
最初のいいねの後の基本!

・お写真お願いしてもいいですか?
あいさつしてからのこれだ

・OKです
OKな時に使おう(そのまんまだね)

・ありがとう
写真の後や写真に混ぜてもらった時にも使えるね

・お写真ご一緒してもいいですか?
写真に混ぜてもらいたい時用だよ

・お疲れ様でした
イベントの最後は全員で集合写真を撮って
主催が挨拶して、その後みんなで「お疲れ様でした」の流れが多いんだ

・やったー!
喜びを表現したい時
あるいは返答に困る時なんかもやったー!
って言っておけば大体乗り切れるよ

味気ないと感じたら、!を入れたり顔文字を入れたり
キミ好みにアレンジするといいね。

フレンドを誘って行くのも一つの手

もしキミの友人にプレイベ慣れしている人
あるいはプレイベに興味のある人がいるのなら

一緒に行くのもいいかもしれないね。

慣れている人ならエスコートしてくれるだろうし
キミと同じく初体験だとしても
お互いに心強い存在となると思うよ。

注意点としては
複数人の場合は一人でいる時よりも声をかけられにくい
ってことだね。

「二人でお写真撮ってるのかな?お話してるのかな?じゃあ他の人に声かけるか」
って思考が働くからね。

マゴマゴしてたら二人のデートで終わっちゃうよ。
二人分の勇気でいいねを飛ばすんだ。

反応がなくても落ち込まない

君が勇気を出して飛ばしたいいねも
勇気を出してチャットした「お写真ご一緒してもいいですか?」も

反応のない時があるかもしれない。

いや断言しよう。

間違いなくあるよ。

ボクだって何度もあったし今もよくある。

だから落ち込まないで欲しい。

プレイベ中はたくさんのいいねと白チャットが飛び交うんだ。

たまたま別の方を向いていて見逃すこと
本当によくあることなんだよ。

種族の大きさの違いで見逃すこと
本当によくあることだ。

例えばキミがプクリポで話し相手がオーガだったとするね。

キミが相手の白チャットを見るためにはカメラを上を向ける必要があり
逆にオーガの人はカメラを下に向けないと白チャットが見えないのさ。

だから見逃すことはとても多いんだ。
反応がなくて落ち込まなくてもいいんだよ。

ついでにもう一つ、お話するコツもお教えするね。
白チャットで誰かとお話しするコツは

相手の頭の上のチャットだけを見ることさ。

画面右上に出てくる白チャットは
周囲の白チャットを全て拾う。

プレイベ中はたくさんの人が周りにいるから
そこはさながら激流のようさ。

画面右上の白チャットで会話するのは不可能だと思っていい。
見るべきは

相手の頭の上の白チャット

だよ。

少しずつでいい 慣れていこう

冒頭で紹介したツイッターのようなプレイスタイルは
ボク個人としてはオススメできない。

自ら動かず誰かからのいいねを待つだけのプレイベ。
楽しさよりも辛さの方が多いと思う。

キミは世界を何度も救った冒険者なんだ。
少しだけ勇気を出して、そして楽しんでいこうよ。

最初は雰囲気に飲まれて動けないかもしれない。

それでいいんだ。少しずつ、少しずつだよ。

1回目の参加はいいねを1回してみる

2回目の参加はいいねをして写真を撮る。

3回目の参加は誰かの写真に混ぜてもらう。

そうやってキミが勇気をもって一歩踏み出すたびに
キミの世界は広がっていくはずさ。

「たかがゲームで勇気だなんてバカらしい」

そう思う人もいるかもしれないね。
その通りかもしれない。

でもさ
チームに入る時
ルームに入る時
初めて緑玉を出す時
勇気は必要なかったかい?

なんであれ、新たな一歩を踏み出す時には勇気が必要で
その勇気がキミの世界を大きく広げるんだ。

ボクはメインを明かすつもりはサラサラないけれど
いつかこれを読んでくれたキミがプレイベに参加して
そして楽しんでいる姿を見ることができたら

喜びのあまりストロングゼロ3缶空けちゃうかもしれないね☆

終わりに

全5回にわたるプレイベ初体験記
いかがだったかな?

ボクなりにプレイベ初心者の人の助けに
なりそうな事柄を精一杯詰め込んだよ。

プレイヤーイベントには今回題材にした交流系だけではなく
ショーなどの観覧系やホストのような接客系
実は色々な種類があるんだ。

そのあたりの傾向と対策も
またいつか記事にしたいね。

今回の記事が
・プレイベに初めて参加しようとするキミ
・改めてプレイベに参加してみようと考えるキミ

その他プレイベに行こうと思う人たちの
背中を押すきっかけの一つになれたなら

これほど嬉しいことはないよ。

最後まで読んでくれて本当にありがとう!

それじゃまた!バイバイ!


ランキング参加中!
良い記事だと思ってくれたらポチッと応援してもらえると嬉しいな☆


ドラゴンクエストXランキング
タイトルとURLをコピーしました