アスコン道場 第9戦-フィールド系フォトを撮ってみよう!その1-

ようこそアスコン道場へ!

やあやあ。オブラートだよ。

アスコン道場とは
アストルティアプリンセス・プリンスを目指し

高校に入学した女の子が
音の妖精に見出され、

音楽コンクールに挑戦する恋愛シミュレーションだよ。

うんそうだね。

恋愛要素はひとつもないね☆

前回は

・バトルフォト
・フィールド系フォト
・ハウジング系フォト

の3つの中で

・バトルフォト
についての説明と
実際に撮ってみたってお話だったよ。

前回の記事はこちら
 

 
それじゃ今回は

・フィールド系フォト

について考えていこう。

今回も説明しながら
いい写真撮れるようにがんばるよ!

いつも通り「このやり方が正しい」では決してなく、
ボクのやり方・考え方をお伝えするだけだよ。
参考程度に見てね。

ではいってみよう☆

ゴーゴー!

 

フィールド系フォトとは

フィールド系フォトとは
フィールド上で撮影する写真のことだよ。(バトル中はのぞく)

草原

街中

ダンジョン

イベントエリアなんかでの写真もフィールド系フォトになるね。

ハロウィン会場、服装自由だったらよかったのになー

ドレア写真をフィールドで撮影したり、

冒険中に見つけた景色で記念撮影したり。

それも立派なフィールド系フォトだよ。

バトルフォトのように
戦闘スキルを覚える必要もない。

ハウジング系フォトのように
ハウジング技術を必要としない。

はじめての人でも
気軽に挑戦しやすい撮影方法
かもしれないね。

だからといって
簡単にいい写真が撮れる!

ってわけではないよ。

3つの撮影方法の中で一番

イメージ力が大事な撮影方法

じゃないかな。

以下メリット・デメリットの部分で詳しくお話するね。
 

フィールド系フォトのメリット・デメリット

フィールド系フォトのメリット・デメリットはこちらだよ。

メリット
・ドラクエ10の雄大な世界を背景にできる
・しぐさを自由に組み込める
・レベル1でも参加できる
・一瞬のタイミングは基本的に必要ない

デメリット
・偶然の産物はない
・情報の足し算引き算が難しい
・天候によってはすごく時間がかかる

ひとつずつ見ていこうね。
 

メリット ドラクエ10の雄大な世界を背景にできる

アストルティアの素晴らしい景色。

ハウジングでは
表現することのできない美しいフィールド。

そんな世界を背景にできるのは
フィールド系フォトの一番のメリットだよね。
 

メリット しぐさを自由に組み込める

バトルフォトでは不可能な

しぐさ・目線・瞳の開閉設定。
傘装備なんかもそうだね。

これらが制限なく自由に使えるのは、
とても大きなメリットだ。

レベル1でも参加できるは読んで字の如くなので飛ばして・・・
 

メリット 一瞬のタイミングは基本的に必要ない

バトルフォトのような1/100秒を切り取る作業。
フィールド系フォトでは必要ないよ。

天候・しぐさ・物体(モンスターとかね)
全てが整った状態でシャッターを切るからね。

基本的に一瞬を切り取る作業は必要ない。

基本的にと言ったのは、
もちろん例外があるからだよ。

例えば移動しながら撮影する場合。

ドルボードブーストを使った写真を撮りたいってなると
シビアな撮影タイミングになるだろうね。

フィールドに入れたい要素を増やした場合
もそうさ。

自分はこのしぐさをして
・敵モンスターを入れて
・なかまモンスターを追加して
・敵がこの動きをした瞬間にしぐさをして

と入れたい要素を増やせば増やすほど、
撮影タイミングは難しくなるよ。
 

デメリット 偶然の産物はない

前回のバトルフォト撮影時にあったような

『〇〇なイメージだったけど、予想しない技が出てもっとよくなった!』

そんなことはないと思っていいよ。

フィールド系フォトに偶然はほぼない。

キミがイメージした完成形を下回ることはあっても、

バトルフォトのような、
イメージ以上によくなる奇跡はほとんど起きないんだよ。

だから必要なのは、
しっかりとしたイメージ力。

あれをここに置いて、
これをそこに配置して。

はっきりとしたイメージを持って撮影し、

撮りながら
さらによいものを頭の中にイメージして調整していく。

そんなイメージ力だね。
 

デメリット 情報の足し算引き算が難しい

足し算引き算の話は以前したね。

忙しい人用にさらっと説明すると

・必要な情報(モノ)は足そう
必要な情報が少ないと何の写真かわからなくなる
・不要な情報(モノ)は削ろう
いらない情報が多いと主役のキミが目立たない

ってお話だったよ。

ハウジングだったら簡単だよね。

不要な情報はポイッとはずして、
必要な情報は置けばいいだけ。

でもフィールドだとそうはいかないよね。

じゃあどうすればいいか?

重要なのは当然『場所選び』

必要な情報がしっかり入って、
不要な情報が少ない場所を探す。

それでもいらない情報が入るときは

『不要な情報を必要な情報で隠す』

というのもひとつの手だよ。

例えば・・・

「あーこれいらないなー」って看板があったら

必要な情報のなかまモンスターで隠すとかね。
 

デメリット 天候によってはすごく時間がかかる

例えば

「魔界のレア天候で撮りたい!」
とか

「朝日がここに来るタイミングで撮りたい!」
ってなると

そりゃもう時間はかかるよね。

撮り逃すと
レア天候になるまで待機、

朝日ならアストルティア時間で24時間経過する
リアル72分後まで待機

になる。

天候によってはすごく撮影時間がかかる

ってことは覚えておいてね。
 

メリット・デメリット再まとめ

長くなったので
メリット・デメリットをもう一度おさらいすると

メリット
・ドラクエ10の雄大な世界を背景にできる
・しぐさを自由に組み込める
・レベル1でも参加できる
・一瞬のタイミングは基本的に必要ない

デメリット
・偶然の産物はない
・情報の足し算引き算が難しい
・天候によってはすごく時間がかかる

だよ。
 

フィールド系フォトの基礎技術

大層な見出しをつけたものの・・・

バトルフォトみたいな
『これは必須!』という技術はないんだよね。

撮影場所や撮りたいイメージによって

フォーカス設定
フィルター設定
フレームの有無

それぞれ違うだろうしさ。

それでもなにか基礎を挙げるとするなら、

『冒険者としての知識』

かな。

よくみる撮影場所以外にも
アストルティアには無数に撮影場所がある。

街・ダンジョン・フィールドの端。

日頃どれだけ風景写真を撮っているか。

どれだけフィールドで
ドレア写真を撮っているか。

そしてどれだけ冒険しているか。

そういった知識がキミの中で知らず知らずのうちに蓄えられ、

こういうイメージの写真が撮りたい!
とキミが思ったとき

すっと理想の場所がでてくる。

それはフィールド系フォトにおいて
大きな大きなアドバンテージだよ。

「オレは知識がないからダメだー」

って思わないでね。
そんなことないよ。

探せばいいんだ。

少し時間はかかるかもしれないけど

諦めずに探し続ければ
きっとイメージ通りの場所が見つかるはずだよ。
 

実践!フィールド系フォトを撮りにいこう

さあ長いお話は終わり!
写真を撮りにいこー!

 
前も話したけど、
ボクはアスコン写真を撮るとき

絶対に入れたいものを1つ決める

その入れたいものを中心に
テーマや構図を考えるんだ。

今回の入れたいものは・・・

要塞フレーム

このフレームね

第5戦で説明した
武器をかかげるしぐさの切り取り

このどちらかを中心にしたいんだよね。

うーん。

イメージ湧いてこないなあ。

そんなときは色々撮りながら散策しようか!

うーん

バルディスタ要塞ってさ
なんとなくFFっぽさあるよね。

白刃取りー!

うーん

おっ

これは・・・
この撮り方ならもっといい場所があるね。

ちょっと場所を変えてみようか。

乙女のピンチ!?瀬戸際プリンセス

うん。
おもしろいけどプリンセスっぽさはないね!

フレームのいいイメージが湧いてこないなー。

しぐさの方で考えてみよう。

このしぐさね

戦ってる雰囲気だよね。

となると必要な情報は戦う相手。

戦う相手はなかまモンスターにやってもらうとして、

個人的には
戦う理由もほしいんだよね。

PR文で説明する必要もない

写真とタイトルを見ただけでわかる戦う理由。

そんな情報がつまった背景を・・・

背景を・・・

(迷走しながら鎖フレームも試す)

うーん

おっ

これは・・・

遠くに見えるのはグランゼドーラ城かなあ。
※ほんとはお城じゃなかったよでもお城に見えるからOK!

武器をかかげるのしぐさでバトル風。

夕陽をバックにお城のシルエット。

ドレアを逃げのびたプリンセス風にする。

魔族の手に落ちた
城と民を取り戻すため戦う

『亡国のプリンセス』

なんだかいい感じじゃない?
イメージ湧いてきた

(つづく)
 

終わりに

またしても撮りきれなくて本当にごめんね。

ライブで使われそうなライトあげるから
どうか許しておくれよ。

撮影段階までいけなかったけどさ・・・
かっこいい写真になりそうで

ボクはすごくワクワクしてる☆

明日にはいい感じの写真を
お見せできるように

全力でがんばってくるね!

最後まで読んでくれてどうもありがとう。

それじゃまたね!バイバイ!


ランキング参加中!
いい記事だと感じてくれたら、ポチッと押して応援しておくれよ。
がんばって撮ってくるからさ☆


ドラゴンクエストXランキング

 

次の記事はこちら

オブラート

サブキャラだからこその切り口でプレイベ、ドレア、人間関係のことetc.
オブラートに包まず語っていくよ。気軽に読んでくれたらボクは嬉しいな♪
Twitterでも更新情報をつぶやくよ
\ Follow Me! /

オブラートをフォローする
アスコン道場
オブラートをフォローする
オブラートに包まないドラクエ10
タイトルとURLをコピーしました