アスコン道場 第7戦-バトルフォトを撮ってみよう!その1-

ようこそアスコン道場へ!

やあやあ。オブラートじゃ。

アスコン道場とは
アストルティアプリンセス・プリンスを目指し

おじいさんは山へシヴァ狩りに、
おばあさんは川へ洗濯に行く道場だよ。

うんそうだね。

シヴァはとても手強いし、
洗濯はできれば全自動がいいよね。

前回はアスコンにえこひいきはあるのか?
というお話をしたよ。

前回の記事はこちら

あるけど大した影響じゃないよってお話だったね。

今回は・・・
前がお話だけだったしなあ。

よし。
写真を撮りに出かけようか!

というわけで
『バトルフォトを撮ってみよう!』

はっじまるよー☆

バトルフォトとは

バトルフォトとは
戦闘中に撮影する写真のことだよ。

戦闘中にしか出すことのできない
武器・職業の特技でダイナミックな写真が撮れる。

仲間の出す光のエフェクトを写真に組み込めるのも特徴だよ。

たたかいのビートでグーン!なエフェクトとかね

ハウジングをした上で写真を撮る
「ハウジング系フォト」と比較すると

お手軽感があるかもしれないね。

でもそれはチャレンジするためのハードルが低いってだけで、
難易度的にお手軽!ってことでは決してないよ。

むしろボク的には
3つに分けられる撮影方法の中で、

最も素早く瞬間を切り抜く技術と
精神力が必要な撮影方法
だと思ってる。

3つの撮影方法っていうのは

・ハウジング系フォト
・フィールド系フォト
・バトルフォト

だよ。

他の2つも改めて記事にしたいと思うので、
今は「ふーんそうなんだ」くらいに見ていておくれよ。
 

バトルフォトのメリット・デメリット

そんなバトルフォトのメリット・デメリットはこちらだよ。

メリット
・バトルフォトだけが撮れる迫力のある戦闘シーン
・武器や職業の特技を写真に組み込める
・ハウジングなどの技術を必要としない敷居の低さ

デメリット
・理想の1枚を撮るのがとても難しい

あくまでもボクの考えだよ。

メリットはさっき話したし、
ここではデメリットについてお話しよう。

本当にさ。
本当に難しいんだよ。

バトルフォトにはカメラを固定する方法はない。

技を入力して、
カメラをギュイーンって動かして
ここだと思うほんの一瞬を切り抜く。

もちろん毎回角度は少しずつ変わるし
技を切り取る瞬間も毎回少しずつ変わるよ

これをキミが思い描いた理想の1枚になるまで、
何度も撮るんだ。

それだけじゃないよ。

時間によってフィールドの天候も変わるし、
太陽の位置、月の位置、明るさなんかも
刻一刻と変わっていく。

人によっては
太陽が沈む直前の1分間だけが勝負のときもあるよ。

つまり技のタイミングフィールドのタイミングも必要になるんだ。

さーらーに!

ゆーえーに!(似てない)

敵も写真に入れたいって場合はもっと大変だ。

だって敵は思い通りに動いてくれないからね。
敵の角度、目線、繰り出す動き。

そんな感じでたくさんのタイミングが絡むんだ。

まとめると、バトルフォトの理想の1枚

・技のタイミング
・フィールドのタイミング
・敵の動き

それらがベストなタイミングで、
かつ最高の角度で撮れたとき。
だね。

簡単には・・・完成しないよね。

だからバトルフォトがんばっている人は
アスコン締め切り直前まで撮ってることもよくあるね。

応募開始の時点で一番完成度の高い作品をとりあえず応募し、
さらに高みを目指すために締め切りまで撮り続けてる。

刹那の瞬間を切り取る技術
これでいいかと妥協しない精神力。

本当にすごいよね。

でも
「大変なの?じゃあバトルフォトやーめた」
って思わないでね。

どの撮影方法を選んでも
理想を求めればどうしても時間はかかるものさ。

大変なのはどの撮り方も一緒だよ。
撮ってて楽しいのも一緒だからね☆

理想の1枚が撮れたときの喜びったらないよ♪


バトルフォトの基礎技術

そんなバトルフォトを撮る前に、
基本的な技術をお伝えするね。

1.視点移動速度は「超はやい」に

視点の移動が遅くて、
いい角度の撮影ができなかった!

ってならないように、
さくせん→いろいろ設定→環境設定→画面視点設定 から

視点移動速度を「超はやい」

にしておくのをオススメするよ。

撮影していて
そんなに早くなくても大丈夫と思ったら設定を変えてみてね。

2.バトル行動時は「そのまま」に

1の視点移動速度のすぐ下にある「バトル行動時」

なんの設定かわかりにくよね。

これが「振り向く」だと、
コマンド入力をするたびに
カメラが強制的に自分の後ろに移動するんだ。

背中を撮りたい!ってとき以外は
「そのまま」
にした方が撮りやすいと思うよ。

3.サポは非表示に

アスコン作品は基本的にサポの姿が入るのはNGだよ。
(NPCや仲間モンスターはOK。酒場で借りるサポート仲間はNGって感じだね)
サポが写らないように設定しよう!

カメラを起動し、表示設定から

・パーティ仲間
・サポート仲間

のチェックをはずそう。
これでサポは写真に写らないよ。

この設定でも
サポの出した技のエフェクトは出るから安心してね!

カメラに写らない設定にしても、サポのエフェクトはバッチリ写るよ!
4.出の早い技は敵から離れて使おう

ここ大事!

カメラを起動したままコマンド入力はできないよ。

なので
コマンド入力→カメラを起動する→撮影
という流れになるね。

これだと・・・そう。
出の早い技はカメラ起動している間に出し終わっちゃうんだ。

片手剣のかえん斬りとかはやぶさ斬りとかね。

そんなときは敵から離れてコマンドを使おう!

おたけびだったりラリホーだったりで敵を足止めして

がおー

こうやって離れて

ささっ

ここでコマンド入力!

敵に駆け寄る間にカメラを起動して・・・

技が出る前に角度を調整して

こう!

だよ!

5.こっち向いて設定は無効。目を開ける閉じるは有効

こっち向いては反応しないよ。
目線は変えられないんだ。

でも目を開ける、目を閉じるは有効だよ。

かえん斬り目を閉じたバージョン!
6.バトル視点の高さは撮りながら微調整

バトル視点の高さは
種族や撮りたい技によって変わってくるからね。

ボクは1か2が多いかなあ

撮影しながら調整しよう

実践!バトルフォトを撮りにいこう

じゃあこれまでの長いアレコレを踏まえて、
バトルフォトを撮りにいこう!

これはあくまでボクのやり方なんだけどさ。

ボクはまず
絶対に入れたいものを1つ選ぶんだ。

特技だったり、建物だったり、
あるいはエフェクトだったりね。

その選んだものを中心にどんなテーマにするかを決めて、
そして構図を考えているよ。

それが正しい方法なのかはわからない。
ボクはそうしてるってだけね。

そして今回メインにしたいものはこちら!

旅芸人の新スキル『いやしのメロディ』だよ

次回のアスコンでも猛威を振るいそうなスキルだよね。

このスキルを入れていい感じの写真を

うん


そうなんだ。


いい感じの


いい感じの写真を撮りたいんだ。

撮りたかったんだ・・・。



・・・ごめん。



まだ撮れてないんだ・・・。

うわーん

難しいね。
バトルフォトって!

昨日2時間くらい撮ってたんだけど
どうしても納得いかなくてさ・・・。

バトルフォト沼ですっごいもがいてるよ。

怖い。バトルフォト沼怖い。
でもすっごい楽しい・・・。

だからごめんね。
続きは明日ってことでどうか許しておくれよ。

「謎エル子の割にはなかなかいい写真じゃないか」

って言われるようなのがんばって撮ってくるからさ!
 

終わりに

いかがだったかな?

中途半端な終わり方で本当にごめんね。

おイモあげるからどうか許しておくれよ。

明日にはいい写真アップできるようがんばるからさ

最後まで読んでくれていつもありがとう。

それじゃまたね!バイバイ!
 


ランキング参加中!
はやく撮れよ!がんばれよ!って思ったら、ポチッと押して応援しておくれよ。
気合いで撮ってくるからさ☆


ドラゴンクエストXランキング

次の記事はこちら!

オブラート

サブキャラだからこその切り口でプレイベ、ドレア、人間関係のことetc.
オブラートに包まず語っていくよ。気軽に読んでくれたらボクは嬉しいな♪
Twitterでも更新情報をつぶやくよ
\ Follow Me! /

オブラートをフォローする
アスコン道場
オブラートをフォローする
オブラートに包まないドラクエ10

コメント

タイトルとURLをコピーしました